コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上八千代(初代) いのうえ やちよ

1件 の用語解説(井上八千代(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上八千代(初代) いのうえ-やちよ

1767-1855* 江戸時代中期-後期の日本舞踊家。
明和4年生まれ。天明2年から近衛(このえ)家につとめ,曲舞(くせまい)や白拍子(しらびょうし)舞をまなんで指南した。寛政9年同家をしりぞく際,八千代の芸名と近衛菱(ひし)の紋をおくられ井上流をひらく。京都島原でも師匠をつとめた。安政元年12月5日死去。88歳。京都出身。本名はサト。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上八千代(初代)の関連キーワードマイソール戦争川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴浮世草子桂川甫筑天体暦ニコライ田中鶴吉村田清風

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone