コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上流 いのうえりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上流
いのうえりゅう

日本舞踊の一流派。京都に興った上方舞京舞の一つ。流祖は1世井上八千代。2世八千代は能の型を取入れ本行舞 (ほんぎょうまい) や人形振りの型を創始し,3世八千代が完成した。曲は地歌ばかりでなく,長唄義太夫,常磐津清元も用い,歌舞伎人形浄瑠璃の長所もとる。女性のみの流派である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐りゅう〔ゐのうへリウ〕【井上流】

日本舞踊京舞の流派の一。女舞で、江戸末期に初世井上八千代が創始。京都祇園に勢力をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

井上流

日本舞踊の流派のひとつ。上方舞。江戸時代、寛政年間に、井上サト(初代井上八千代)が京都で創流。3代八千代(本名:片山春子)は「都おどり」の創始に関わり、井上流の発展に貢献した。京舞井上流ともする。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いのうえりゅう【井上流】

京舞の一流派。江戸末期に井上さとが初世井上八千代として創流。近衛家で身につけた御殿舞などの宮廷文化を基盤に典雅な舞を作り上げた。2世,3世と,金剛流,観世流の能の影響を受けたが,歌舞伎や人形浄瑠璃の長所も取り入れ,〈人形振り〉の型を井上流のものにした。3世の時代に祇園町の舞の師匠となり,1872年(明治5)〈都をどり〉を起こした。品位の高さ,芸格のたくましさが特徴といえる。【柴崎 四郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いのうえりゅう【井上流】

日本舞踊の一流派。上方舞の一流で、江戸後期、京都の初世井上八千代が創始。
砲術の一派。祖は井上外記げき正継(?~1646)。井上外記流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の井上流の言及

【井上八千代】より

京舞井上流の家元。(1)初世(1767‐1854∥明和4‐安政1) 本名井上さと。…

【京舞】より

…上方の舞は,朝廷に仕えた公家の女官などが手すさびにたしなんだ御殿舞から派生した舞と,大坂の歌舞伎から派生し,町師匠によって広められた座敷舞とがあり,京舞は前者の系統。幕末から明治初年にかけて,京の舞は篠塚流が盛んであったが,実力をそなえた統率者がおらずしだいに衰微し,明治に入って3世井上八千代の率いる井上流が隆盛を迎えて以来,京都はえぬきの流派は井上流だけとなった。したがって現在京舞といえば井上流の舞を指す。…

【日本舞踊】より

…さらに新舞踊からも新流派はあり,藤蔭流,五条流,林きむ子(1886‐1967)の林流,西崎緑の西崎流がある。上方舞では篠塚文三郎(?‐1845)を祖とする篠塚流,井上八千代の井上流,山村友五郎による山村流,楳茂都(うめもと)扇性の楳茂都流,吉村ふじ(?‐1909)の吉村流等がある。歌舞伎舞踊【菊池 明】。…

※「井上流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井上流の関連キーワード井上 八千代(4代目)井上 八千代(3代目)井上八千代(4世)井上八千代(3代)井上八千代(3世)井上八千代(5代)篠塚文三郎(3代)井上八千代(初代)井上八千代(1世)井上八千代(4代)篠塚文三郎(初代)井上八千代(2世)黒髪(地唄、長唄)こばやしあきこ井上流(京舞)片山 慶次郎三木茂太夫井上 愛子片山 博通松本 佐多

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上流の関連情報