コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上因碩(11代) いのうえ・いんせき

1件 の用語解説(井上因碩(11代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

井上因碩(11代)

没年:安政6(1859)
生年:寛政10(1798)
江戸末期の囲碁棋士。本姓橋本。6歳で服部因淑の門に入り,服部因徹,のちに立徹と改名。文政2(1819)年,井上家跡目となり井上安節と名乗った。7年11代を継ぐ。隠居して幻庵,橘斎と号した。11年,準名人(八段)に進む。名人碁所を目標に努力,天保10(1839)年12世本因坊丈和引退を機に名人碁所の願いを出すが,翌年13世本因坊丈策の跡目秀和との争碁に敗れた。このときの確執を「天保の内訌」という。雄大な碁で元丈,安井仙知(8代),秀和と共に四傑と呼ばれる。清国に渡ろうとした野心家でもあった。『囲碁妙伝』『奕図』などの著書がある。<参考文献>荒木直躬『本因坊丈和全集』(歴代名人打碁大系),橋本宇太郎『幻庵因碩』(日本囲碁大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上因碩(11代)の関連キーワード井上幻庵片山知的斎藤道歴服部因淑服部正徹服部雄節林鉄元本因坊策元本因坊知伯本因坊道知

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone