コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上昌倫 いのうえ まさのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上昌倫 いのうえ-まさのり

1751-1815 江戸時代後期の和算家。
宝暦元年生まれ。甲斐(かい)(山梨県)巨摩(こま)郡の農民。寛政5年「峡算(甲算)須知(こうさんすち)」をあらわし,相場割りや両替率の計算法,算盤(そろばん)練習法などを記述した。文化12年4月26日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上昌倫の関連キーワード和算家