コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上昌倫 いのうえ まさのり

1件 の用語解説(井上昌倫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上昌倫 いのうえ-まさのり

1751-1815 江戸時代後期の和算家。
宝暦元年生まれ。甲斐(かい)(山梨県)巨摩(こま)郡の農民。寛政5年「峡算(甲算)須知(こうさんすち)」をあらわし,相場割りや両替率の計算法,算盤(そろばん)練習法などを記述した。文化12年4月26日死去。65歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上昌倫の関連キーワードウィレム[1世]藩学一覧宝暦ルイ[18世]真田幸弘フアト・パシャイタリア演劇尾上菊五郎一条兼香大島蓼太

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone