コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須知 しゅうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須知
しゅうち

京都府中部,京丹波町南部の旧町域。丹波山地にある。 1901年町制施行。 1951年竹野村を編入。 1955年高原村と合体して丹波町となり,2005年瑞穂町,和知町と合体して京丹波町となった。かつての山陰道沿いの宿場町。明治期末,山陰本線がここを迂回して敷設されたため一時衰退したが,国道9号線と 27号線の分岐点となり,交通上の重要性を取り戻した。付近は丹波まつたけ,クリの産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須知
しゅうち

京都府中西部、京丹波(きょうたんば)町の東部にあたる旧丹波(たんば)町の中心地区。近世には山陰道(現、国道9号)が通る交通の要地で、宿場町として栄えた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の須知の言及

【丹波[町]】より

…丹波高地の中央部に位置する。中心の須知(しゆうち)は山陰道の要所にあり,江戸時代は宿場町として発展した。主産業は農業で,米作,酪農,畜産が盛ん。…

※「須知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

須知の関連キーワード京都府船井郡京丹波町懾伏・懾服・慴伏賢治と花巻農高安井 荘次郎京丹波(町)ミルナの座敷丹波[町]ゲノム編集岩崎 革也安井荘次郎宮本元甫随園食単安原方斎稲葉迂斎田園類説雨森芳洲片倉元周吉田友直片倉鶴陵平野元良

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須知の関連情報