コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上重厚 いのうえ じゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上重厚 いのうえ-じゅうこう

1738-1804 江戸時代中期-後期の俳人。
元文3年生まれ。京都の人。五升庵蝶夢(ごしょうあん-ちょうむ)の門人。明和7年(1770)京都嵯峨野(さがの)に向井去来の落柿舎(らくししゃ)を再興してすむ。全国を行脚し,寛政4年近江(おうみ)(滋賀県)粟津(あわづ)の義仲寺住職,無名庵主。5年芭蕉百回忌をいとなむ。享和4年1月18日死去。67歳。姓は別に菅原。号は落柿舎,椿杖斎。編著に「落柿舎日記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上重厚の関連キーワード文化バウチャー岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)松前広長ボルテールウォルフ=ベッケル船山輔之

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone