コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落柿舎 ラクシシャ

3件 の用語解説(落柿舎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らくし‐しゃ【落柿舎】

京都市右京区嵯峨(さが)にあった向井去来の別宅。師の芭蕉がこの庵を訪ねて「嵯峨日記」を残した。現在の建物は、明治初年に再興。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

らくししゃ【落柿舎】

京都市右京区嵯峨にある向井去来の別宅。豪商の別邸を買い取り修理したもので、芭蕉もしばしば訪れ、「嵯峨日記」を残した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落柿舎
らくししゃ

京都嵯峨野(さがの)にあった、芭蕉(ばしょう)の門人去来(きょらい)の別邸。1685、86年(貞享2、3)ごろに購入したらしい。その命名については去来の『落柿舎ノ記』に詳しく、1689年(元禄2)のことか。屋敷の広さは約1000坪(約3300平方メートル)。のちに小さく改築。芭蕉は1689年12月、91年4月から5月、94年閏(うるう)5月から6月にここに滞在し、91年のおりには落柿舎に来訪した門人たちの動静や自身の心境を記した『嵯峨(さが)日記』を残している。嵯峨野にあったことは確かだが正確な場所は不明で、現在の落柿舎は1770年(明和7)に井上重厚(じゅうこう)が嵯峨小倉山(おぐらやま)下の弘源寺跡に再興し、さらに明治初年に復興。別の場所にも落柿舎と称するものが建てられたりしたことがある。[櫻井武次郎]
『保田与重郎著『落柿舎のしるべ』(1965・落柿舎)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の落柿舎の言及

【小倉山】より

…東麓に藤原定家の山荘時雨(しぐれ)亭の跡という厭離(おんり)庵がある。同庵近くの落柿舎(らくししや)は向井去来の別荘であり,芭蕉はここで《嵯峨日記》を書いた。【奥村 恒哉】。…

【去来】より

…文献上,去来の俳諧作品の初出は,1685年夏に江戸の風瀑が編んだ《弌楼賦(いちろうのふ)》の発句2章である。86年ごろ京都郊外の嵯峨野に別荘を購入し(のちに落柿舎(らくししや)と命名),89(推定),91,94年と,上京した芭蕉をここに招いている。芭蕉監修のもとに凡兆と編んだ《猿蓑》(1691)は,蕉風俳諧の代表的撰集と賞せられる。…

※「落柿舎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

落柿舎の関連キーワード小倉山嵯峨嵯峨野広沢池有栖川大沢の池祇王寺芹川芹生檀林寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

落柿舎の関連情報