井上陽水(読み)いのうえ ようすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「井上陽水」の解説

井上陽水 いのうえ-ようすい

1948- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和23年8月30日生まれ。昭和47年「がない」「夢の中へ」などがヒット。48年の「の世界」は日本初のミリオンセラー-アルバムとなる。50年吉田拓郎,小室等,泉谷しげるとフォーライフ・レコードを設立。のち「いっそセレナーデ」「少年時代」などがヒット。作曲家としても活躍。福岡県出身。西田川高卒。本名は陽水(あきみ)。前芸名アンドレ・カンドレ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「井上陽水」の解説

井上陽水【いのうえようすい】

歌手,作詞・作曲家。福岡県出身。1969年アンドレ・カンドレの名でデビューするが失敗,1972年本名の井上陽水で再デビュー。1973年《夢の中へ》《心もよう》が大ヒット,同年の《氷の世界》は日本初の100万枚突破アルバムとなる。1975年吉田拓郎らとフォーライフ・レコードを設立。1977年大麻所持で逮捕されるが,1985年《いっそセレナーデ》で復活,以後ヒット・メーカーとして活躍を続ける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android