吉田拓郎(読み)よしだたくろう

百科事典マイペディアの解説

吉田拓郎【よしだたくろう】

フォーク歌手。鹿児島県出身。大学時代から数々のコンテストに優勝,1970年《イメージの詩》でデビュー。1972年《結婚しようよ》《旅の宿》が連続ヒットし,それまで反体制色の濃かったフォーク・ソングを表舞台に引き上げた。1973年傷害容疑で逮捕されるが不起訴。その後復活し,1975年つま恋6万人コンサートを成功させるなど活躍。
→関連項目井上陽水

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田拓郎 よしだ-たくろう

1946- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和21年4月5日生まれ。昭和45年レコードデビュー,47年「結婚しようよ」「旅の宿」が大ヒット。49年森進一の「襟裳岬(えりもみさき)」を作曲し話題となる。50年井上陽水,泉谷しげる,小室等とレコード会社フォーライフ・レコードを設立,52年社長。鹿児島県出身。広島商大(現広島修道大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田拓郎の関連情報