井口丑二(読み)いのくち うしじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井口丑二 いのくち-うしじ

1871-1930 大正-昭和時代前期の神道家。
明治4年生まれ。農商務省の技師を辞し,尊崇する二宮尊徳の研究に没頭する。大正5年岐阜県蛭川(ひるかわ)村で大日本神国教をおこし,尊徳の思想の普及につとめた。昭和5年死去。60歳。長崎県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android