コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井口丑二 いのくち うしじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井口丑二 いのくち-うしじ

1871-1930 大正-昭和時代前期の神道家。
明治4年生まれ。農商務省の技師を辞し,尊崇する二宮尊徳の研究に没頭する。大正5年岐阜県蛭川(ひるかわ)村で大日本神国教をおこし,尊徳の思想の普及につとめた。昭和5年死去。60歳。長崎県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井口丑二の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎廃藩置県エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android