コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井沢宜庵 いざわ ぎあん

1件 の用語解説(井沢宜庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井沢宜庵 いざわ-ぎあん

1823-1865 幕末の医師,尊攘(そんじょう)運動家。
文政6年生まれ。頼山陽,篠崎小竹に儒学をまなび,長崎で医学をおさめる。のち梅田雲浜(うんぴん)とまじわる。大和(奈良県)五条にすみ,文久3年(1863)天誅(てんちゅう)組の挙兵にくわわり,敗れて吉野各地を転戦。捕らえられ,慶応元年7月28日京都で獄死した。43歳。紀伊(きい)伊都郡(和歌山県)出身。本姓は志富田。名は卓。字(あざな)は子立。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井沢宜庵の関連キーワード林其山呉又可太田六右衛門加藤元秀上岡胆治宗盛員高橋元忠橋本若狭昌木晴雄三木左三

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone