亜剌比亜(読み)アラビア

精選版 日本国語大辞典「亜剌比亜」の解説

アラビア【亜剌比亜】

(Arabia) アジア南西部、世界最大の半島ペルシア湾アデン湾インド洋紅海にかこまれ、大部分が砂漠。七世紀初頭、マホメットにより統一され、以後、イスラム帝国として繁栄。一六世紀にはオスマン朝の支配下に入った。一八世紀以降、民族運動が盛んとなり、サウジアラビアクウェートイエメンなどが独立した。埋蔵量の豊富な油田地帯がある。
※増補華夷通商考(1708)五「アラビヤ 南天竺の西、邏羅より三千余里」
[語誌]古くは「史記」などに見られる「条枝」「条支」がアラビアに当たるという説もあるが、近世になって、マテオ=リッチの「坤輿万国全図」では「曷剌比」という形で紹介された。日本では「江戸大節用海内蔵」(一七〇四)の「万国大概之図」に、「亜剌比亜〈古方天国〉」と見えるのが早い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android