コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜塩素酸塩 あえんそさんえん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜塩素酸塩
あえんそさんえん
chlorite

亜塩素酸HClO2の水素が金属に置換されて生ずる塩。一般式MIClO2で表される。二酸化塩素を水酸化アルカリと反応させると、塩素酸塩とともに亜塩素酸塩が得られる。
  2ClO2+2OH-
  ―→ClO2-+ClO3-+H2O
 また過酸化アルカリと反応させると亜塩素酸塩だけが得られる。
  2ClO2+HO2-+OH-
  ―→2ClO2-+O2+H2O
 一般に無色の固体で、加熱、打撃により爆発する。アルカリ金属塩は水に溶けるが、銀、鉛などの塩は溶けにくい。アルカリ性水溶液は暗所で安定であるが、酸で分解して二酸化塩素と塩化物などを生ずる。ナトリウム塩の酸性溶液は紙、パルプなどの漂白剤として用いられる。亜塩素酸塩の標準液を用いる酸化滴定を亜塩素酸塩滴定といい、亜硫酸塩の定量、亜ヒ酸、有機物の定量などに適用される。[守永健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の亜塩素酸塩の言及

【亜塩素酸】より

…酸化性が強く,酸性も比較的強い。
[亜塩素酸塩]
 亜塩素酸の水素が金属で置換されて生じる塩の総称。クロライトchloriteともいう。…

※「亜塩素酸塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

亜塩素酸塩の関連キーワードヨウ化カリウムデンプン紙(沃化カリウム澱粉紙)ビスコースレーヨン塩素酸ナトリウム酸化ニッケルハロゲン化インキ消しルミノールジャベル水ヒドラジン亜塩素酸塩素酸塩ホフマン危険物酸化鉛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android