コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜硫酸塩 アリュウサンエン

4件 の用語解説(亜硫酸塩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ありゅうさん‐えん〔アリウサン‐〕【亜硫酸塩】

亜硫酸水素を金属で置換して生じる塩。亜硫酸ナトリウムなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ありゅうさんえん【亜硫酸塩】

亜硫酸イオン SO32- の化合物。金属の水酸化物または炭酸塩の溶液に二酸化硫黄を通じるなどして得る。一般に無色。水溶液中で酸化されやすく、還元剤として用いられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜硫酸塩
ありゅうさんえん
sulfite

亜硫酸H2SO3の水素を金属で置換して生ずる塩。正塩の一般式はMI2SO3で表される。このほか酸性塩(亜硫酸水素塩)MIHSO3が知られている。アルカリ金属、アルカリ土類金属の塩のほか多くの金属塩が知られているが、アルカリ金属塩以外は多くが水に難溶。炭酸アルカリの冷水溶液に二酸化硫黄(いおう)を通すと酸性塩を生じ、これに炭酸塩を加えると正塩が得られる。これらはいずれも無色の結晶。アルカリ金属塩は水に溶けやすく、亜硫酸は弱酸のため、加水分解により水溶液はアルカリ性を示す。強酸を加えると分解して二酸化硫黄を発生する。水溶液は空気により硫酸塩に酸化される。亜鉛によって還元されて亜ジチオン酸塩MI2S2O4(通称ハイドロサルファイト)となり、硫黄と煮沸すればチオ硫酸塩MI2S2O3を生ずる。もっとも重要なのはナトリウム塩で、そのほかアンモニウム塩(一水和物)、カリウム塩などが、還元剤、漂白剤、写真、染色などに用いられる。石灰水と二酸化硫黄から得られるカルシウム塩は亜硫酸パルプの製造に用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亜硫酸塩の関連情報