コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜熱帯季節風気候 あねったいきせつふうきこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜熱帯季節風気候
あねったいきせつふうきこう

季節風の交替により特徴づけられる気候の一つ。亜熱帯モンスーン気候ともいう。東アジアの中国(華南)やインド北部、オーストラリア東岸、アルゼンチンのグラン・チャコなど大陸の東側に分布する。夏は中緯度高圧帯(亜熱帯高圧帯)の循環系下に入り、高温で多湿となり、冬は季節風(西風)の影響により低温で乾燥する。エルニーニョ発生年には大雨が降るが、一般的に降水量は少ない。[福岡義隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

亜熱帯季節風気候の関連キーワード那覇(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android