亜熱帯季節風気候(読み)あねったいきせつふうきこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜熱帯季節風気候
あねったいきせつふうきこう

季節風の交替により特徴づけられる気候の一つ。亜熱帯モンスーン気候ともいう。東アジアの中国(華南)やインド北部、オーストラリア東岸、アルゼンチンのグラン・チャコなど大陸の東側に分布する。夏は中緯度高圧帯(亜熱帯高圧帯)の循環系下に入り、高温で多湿となり、冬は季節風(西風)の影響により低温で乾燥する。エルニーニョ発生年には大雨が降るが、一般的に降水量は少ない。[福岡義隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android