亜熱帯季節風気候(読み)あねったいきせつふうきこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜熱帯季節風気候
あねったいきせつふうきこう

季節風の交替により特徴づけられる気候の一つ。亜熱帯モンスーン気候ともいう。東アジアの中国(華南)やインド北部、オーストラリア東岸、アルゼンチンのグラン・チャコなど大陸の東側に分布する。夏は中緯度高圧帯(亜熱帯高圧帯)の循環系下に入り、高温で多湿となり、冬は季節風(西風)の影響により低温で乾燥する。エルニーニョ発生年には大雨が降るが、一般的に降水量は少ない。[福岡義隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android