季節風気候(読み)キセツフウキコウ

世界大百科事典 第2版の解説

きせつふうきこう【季節風気候 monsoon climate】

季節風が卓越する地域に特有な気候で,モンスーン気候ともいう。季節風は冬と夏では卓越風向がほぼ正反対になり,対照的な気候を生じさせる。一般に大陸から乾燥した低温な大陸気団が来襲する冬が乾季,海洋から高温多湿な海洋気団が来襲する夏が雨季となる。季節風気候地域は緯度とほぼ平行に帯状に分布している。発現する緯度に従って,熱帯,亜熱帯,温帯,寒帯の各季節風帯がある。しかし,緯度圏に沿って地球を取り巻いているわけでなく,アジア大陸南東岸のように非常に顕著なところと,そうでないところがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きせつふうきこう【季節風気候】

季節風によって特徴づけられる気候。夏は海洋から吹きこむ季節風によって高温多湿、冬は大陸からの季節風によって低温乾燥がその一般的特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

季節風気候
きせつふうきこう

東アジアやインドなど季節風が卓越する地方にみられる特徴的な気候。モンスーン気候ともいう。モンスーンという語は、アラビア語のマウシムmausim(季節の意)に由来し、大陸と海洋の熱的な性質の差によっておこる、季節によって風向の交替する卓越風をさす。したがって、水陸分布や大陸・海洋に対する位置によって生ずる気候で、一般には夏に海洋の影響が大きく雨が多いのに対して、冬は大陸的で雨が少ない。しかし本州の日本海側や、ベトナムなどのように冬に多量の降水、雪などがみられる所もある。
 季節風気候は、広義にはその出現する場所により、熱帯季節風気候、亜熱帯季節風気候、中緯度季節風気候、温帯季節風気候、寒帯季節風気候などに細分される。しかし季節風がもっとも顕著なのは、ギニア湾岸、インド、東南アジアの熱帯季節風帯と、東アジアの温帯季節風帯である。南アジアから東アジア一帯をとくにモンスーンアジアとよぶ場合もある。特有の自然観・風土観がある。[小林 望・福岡義隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きせつふう‐きこう【季節風気候】

〘名〙 季節風の交替によって天候の変化がみられる気候。熱帯、温帯などでそれぞれみられ、インド、東アジアにおいて顕著である。モンスーン気候。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android