亜熱帯高圧帯(読み)あねったいこうあつたい(英語表記)subtropical high pressure belt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「亜熱帯高圧帯」の解説

亜熱帯高圧帯
あねったいこうあつたい
subtropical high pressure belt

南北両半球の緯度 30°付近を中心とする気圧の高い地域。大気大循環による力学的原因で生じる。赤道から極地方へ向かう上層大気の流れが地球の転向力(コリオリの力)によって西風成分をもち,緯度 30°付近で下降気流を生じるために形成される。亜熱帯高圧帯域ではいくつかの高気圧に分かれている。北半球では,北太平洋高気圧小笠原高気圧はその一部),北大西洋高気圧(アゾレス高気圧,バミューダ高気圧)などである。世界の砂漠地帯大部分はこの高圧帯の影響を受けて形成されている。亜熱帯高圧帯の高緯度側では西風が卓越する中緯度偏西風帯が,低緯度側では東風の卓越する熱帯偏東風帯(貿易風帯)が形成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android