交互同化作用(読み)こうごどうかさよう(英語表記)cross-assimilation

岩石学辞典の解説

交互同化作用

汚染作用によってマグマの中と母岩の中に同じ鉱物相が形成される場合[Shand : 1947].マグマと周囲の岩石とが物質の交換を行って,両者共にその化学組成を変える作用をいう[片山ほか : 1970].この結果は反応性の溶液による形成物か,通常の結晶作用の形成物が凝結したのか,区別が不可能なことが多い.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android