コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交換殺人 コウカンサツジン

デジタル大辞泉の解説

こうかん‐さつじん〔カウクワン‐〕【交換殺人】

殺意を持った複数の人物が、殺意の対象となる人物を交換して殺人を行うこと。推理小説の題材となることが多い。動機が不明確なため、殺害の容疑者になりにくく、また殺意の対象となる人物が殺害された時にアリバイを作りやすいという特徴がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

交換殺人

米国の作家フレドリック・ブラウンのミステリー(1961)。原題《The Murderers》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

交換殺人の関連キーワードストレート・チェイサー東川篤哉

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android