コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交河古城址 こうがこじょうし Jiāo hé gǔ chéng zhǐ

1件 の用語解説(交河古城址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうがこじょうし【交河古城址 Jiāo hé gǔ chéng zhǐ】

中国,新疆ウイグル自治区吐魯番(トウルフアン)県五星公社にある都城址。ヤール・ホトYar Khotoとも呼ばれる。吐魯番県西方約10km,東西を涸川(かれがわ)でえぐられた南北1650m,東西300m,高さ30mの細長い沖積台地面全体を指す。河流が城下を繞(めぐ)るのでこの名を得るという《漢書》の記録を遺跡の状況に照合して,漢~元時代の交河城,交河郡(高昌国),交河県(唐),交河(ウイグル)に当てるのが通説である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の交河古城址の言及

【トゥルファン】より

… トゥルファンの周辺には,歴史的な各時代の都城址や,古墓群が散在し,この地がシルクロード上の要地であったことから,東洋史研究の一宝庫と目されている。都城址としては,トゥルファン県の西およそ10kmの地にある交河古城址と,南東およそ45kmの火焰山の南麓にある高昌古城が双璧であり,石窟としては県城の北東45kmの火焰山北麓に沿ったムルトゥク峡谷にあるベゼクリク石窟と,東40kmの地にあるセンギム・アギヌ石窟など,古墓群としては高昌古城の北1kmの地にあるアスターナとカラホージョ,それに交河古城周辺の古墓群がある。これらのうち,ヤルホトとも呼ばれる交河古城は,その名のごとく,城の東西を二つの河川によって取り巻くように挟まれた台地の上にある山城で,天然の要塞になっているために城壁のないのが珍しい。…

※「交河古城址」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

交河古城址の関連キーワード烏塁城崑崙山脈回疆吐魯蕃哈密カシュガルハミ瓜別失八里ウイグル族新疆の国境

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone