コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通事故損傷(読み)こうつうじこそんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交通事故損傷
こうつうじこそんしょう

広義には船舶航空機の事故による損傷も含まれるが,圧倒的に多いのは,自動車による傷害,特に歩行者の傷害である。統計上は頭部外傷が 40%をこえ,致命的頭蓋損傷が 10%程度で,内臓圧挫脊椎四肢の損傷がこれに次ぐ。現場処置は静臥止血を第一則とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android