交通事故損傷(読み)こうつうじこそんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交通事故損傷
こうつうじこそんしょう

広義には船舶航空機の事故による損傷も含まれるが,圧倒的に多いのは,自動車による傷害,特に歩行者の傷害である。統計上は頭部外傷が 40%をこえ,致命的頭蓋損傷が 10%程度で,内臓圧挫脊椎四肢の損傷がこれに次ぐ。現場処置は静臥止血を第一則とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交通事故損傷の関連情報