コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通系ICカード こうつうけいあいしーかーど

4件 の用語解説(交通系ICカードの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

交通系ICカード

鉄道を始めとする公共交通機関で運賃として利用できるICカードのこと。電子マネー機能を備えたものが多い。主な交通計ICカードに、JR北海道の「Kitaca」、JR東日本の「Suica」、JR東海の「TOICA」、JR西日本の「ICOCA」、JR九州の「SUGOCA」、首都圏の交通事業者からなるPASMO協議会の「PASMO」、名古屋市交通局・名古屋鉄道の「manaca」、近畿圏の交通事業者からなるスルッとKANSAI協議会の「PiTaPa」、福岡市交通局の「はやかけん」、西日本鉄道の「nimoca」がある。それぞれの利用エリアが定まっていて他の地域では使えないといった利便性に欠ける面があったが、2013年3月23日より、142事業者が参加し相互利用サービスが開始された。これにより全国の駅の半分近くに当たる4300駅を1枚のカードで乗降できるようになった。同日、「PiTaPa」を除く9カードは電子マネーとしても相互利用を開始した。

(2013-3-26)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

交通系ICカード

鉄道やバスの改札機に触れるだけで支払いができる。あらかじめ現金を入金(チャージ)しておく方式と、後で銀行口座などから引き落とす方式がある。関東では普及率が高く、01年開始のJR東日本の「Suica(スイカ)」は4月末までに4702万枚を発行。関東の私鉄やバス会社が07年から始めた「PASMO(パスモ)」も2530万枚にのぼる。13年3月からは全国のICカード10種類で相互利用が始まった。

(2014-05-23 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうつうけい‐アイシーカード〔カウツウケイ‐〕【交通系ICカード】

JR会社や私鉄をはじめとする公共交通機関各社が独自に発行する非接触型ICカードの総称。
[補説]それぞれ利用エリアが限定され利便性に欠けていたが、平成25年(2013)3月23日より、北海道圏のキタカ、首都圏のスイカパスモ、名古屋圏のトイカマナカ、近畿圏のイコカピタパ、九州圏のスゴカニモカはやかけんの全国10カードが相互利用サービスを開始した。ただし、首都圏のスイカとパスモ、九州圏のスゴカとはやかけん以外は、原則的にエリアをまたいでの利用ができないままとなっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

交通系ICカードの関連情報