亥の子餅(読み)いのこもち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亥の子餅
いのこもち

旧暦 10月のの日につくる餅をいう。この餅を食べると無病息災でいられるという中国の俗信が日本に移入されたもの。平安時代以来,いのししの多産にあやかって朝廷などで産育祈願のために亥の子の形につくった餅 (亥猪ともいう) が贈答されてきた。民間には亥の子に関する信仰内容が次第に変遷しながら普及したらしい。西日本を中心として秋の収穫祭と結びつき,この日に亥の子餅をつくり,作神様などに供え祀っている。この餅は,親類や農作業を手伝ってくれた人などに配られる。また子供たちがこの餅をもらって歩く風習もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亥の子餅の関連情報