コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亥の子 いのこ

4件 の用語解説(亥の子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亥の子
いのこ

旧暦 10月の亥の日に行われる刈上げの行事。亥の日祭,亥の神祭とも呼ばれる近畿地方以西で行われるもので,関東・東北地方では,10月 10日の夜に行われる十日夜 (トオカンヤ) の行事がこれにあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

い‐の‐こ〔ゐ‐〕【×亥の子】

陰暦10月の亥の日。この日に亥の子の祝(いわい)を行い、また、江戸時代には炬燵(こたつ)を開く日とされた。 冬》「臼(うす)音は麓の里の―かな/鳴雪」→十日夜(とおかんや)
亥の子の祝」「亥の子餅(もち)」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いのこ【亥の子】

陰暦10月の亥の日。「亥の子の祝い」をし、万病除去・子孫繁栄を祈った。また江戸時代には、この日に炉やこたつを開き火鉢を出す習慣があった。 [季] 冬。 《 昼になつて-と知りぬ重の内 /太祇 》
「亥の子の祝い」「亥の子餅」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亥の子
いのこ

旧暦10月の亥の日の祝い。中国では、この日の亥の刻に、ダイズアズキササゲ、ゴマ、クリ、カキ、糖の7種を混ぜた七色の餅(もち)を食うと、無病だという俗信があって、それが平安時代の宮廷に取り入れられ、室町時代には、白、赤、黄、栗(くり)、胡麻(ごま)の五色の餅をつくった。この餅は宮中や将軍に献上するものであったが、のちには同時に宮中や将軍から臣下に下賜され、あるいは貴族同士が互いに贈答しあうことにもなった。
 亥の子餅は一名亥猪(げんちょ)ともいい、厳重と書くこともある。イノシシの多産にあやかるためといって、女官たちが餅を搗(つ)く風習もあったし、宮中への餅は、天皇自ら搗くことが古くからの慣例であったらしい。
 一方、現行習俗としての農村の亥の子行事は、イネの取り入れ時期にあたるため、イネの収穫祭と結び付き、亥の子様を田の神と考え、春に田畑に来臨した神を送り返す儀礼となっている。この日は新穀で餅を搗き、あるいはぼた餅をこしらえて祝うほか、子供たちが組をつくって丸い石や藁(わら)鉄砲で地面をたたく所が多い。丸石の亥の子搗きは瀬戸内海沿岸に盛んで、石に縄を幾本もつけ、引き上げて落として地を搗く。関東では10月10日の十日夜(とおかんや)に、亥の子に相当する行事を行う。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亥の子の関連キーワード陰・蔭・翳光陰陽気陽月陽圧百鬼夜行/陰隠(陰)生代

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亥の子の関連情報