コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亥の子 いのこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亥の子
いのこ

旧暦 10月のの日に行われる刈上げの行事。亥の日祭,亥の神祭とも呼ばれる。近畿地方以西で行われるもので,関東・東北地方では,10月 10日の夜に行われる十日夜 (トオカンヤ) の行事がこれにあたる。十二支にあてて 10月亥の日にあたるところから,その亥の日に田の案山子 (かかし) を持帰り,庭先に立てて祀る。また,亥の子餅または亥の日と呼ばれる新穀の餅をついたり,子供たちがわら束や石で地面を打ってまわり,家々から餅をもらってくる亥の子突き (ところによっては石亥の子と呼ぶ) といった行事が各地で行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いのこ【亥の子】

陰暦10月の亥の日。「亥の子の祝い」をし、万病除去・子孫繁栄を祈った。また江戸時代には、この日に炉やこたつを開き火鉢を出す習慣があった。 [季] 冬。 《 昼になつて-と知りぬ重の内 /太祇 》
「亥の子の祝い」「亥の子餅」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亥の子
いのこ

旧暦10月の亥の日の祝い。中国では、この日の亥の刻に、ダイズ、アズキ、ササゲ、ゴマ、クリ、カキ、糖の7種を混ぜた七色の餅(もち)を食うと、無病だという俗信があって、それが平安時代の宮廷に取り入れられ、室町時代には、白、赤、黄、栗(くり)、胡麻(ごま)の五色の餅をつくった。この餅は宮中や将軍に献上するものであったが、のちには同時に宮中や将軍から臣下に下賜され、あるいは貴族同士が互いに贈答しあうことにもなった。
 亥の子餅は一名亥猪(げんちょ)ともいい、厳重と書くこともある。イノシシの多産にあやかるためといって、女官たちが餅を搗(つ)く風習もあったし、宮中への餅は、天皇自ら搗くことが古くからの慣例であったらしい。
 一方、現行習俗としての農村の亥の子行事は、イネの取り入れ時期にあたるため、イネの収穫祭と結び付き、亥の子様を田の神と考え、春に田畑に来臨した神を送り返す儀礼となっている。この日は新穀で餅を搗き、あるいはぼた餅をこしらえて祝うほか、子供たちが組をつくって丸い石や藁(わら)鉄砲で地面をたたく所が多い。丸石の亥の子搗きは瀬戸内海沿岸に盛んで、石に縄を幾本もつけ、引き上げて落として地を搗く。関東では10月10日の十日夜(とおかんや)に、亥の子に相当する行事を行う。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

亥の子の関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)亥の子の祝い・亥の子の祝亥の子餅・亥の子餠春亥の子初節供包丁汁稲刈り御玄猪御成切収穫祭子供組秋祭節供玄猪

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android