コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極杞陽

1件 の用語解説(京極杞陽の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

京極杞陽

俳人。名高光。但馬、豊岡藩主。京極家の末裔。生家の旗本屋敷は関東大震災で焼け、父母・兄弟を失う。東京帝国大学文学部倫理学科卒業。宮内省に勤務したが、戦災にあい豊岡へ疎開する前、一時、小諸の虚子の許に身を寄せた。戦後には最後の貴族院議員となる。欧州にてベルリンに来遊した虚子歓迎の日本人会俳句会に出席。入門し「ホトトギス」同人となる。句集『くくたち』『但馬住』『花の日に』等がある。昭和56年(1981)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京極杞陽の関連キーワード前波黙軒京極高厚京極高有京極高品京極高住京極高永京極高寛京極高盛京極高行京極高栄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone