コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高琢 きょうごく たかてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高琢 きょうごく-たかてる

1811-1867 江戸時代後期の大名。
文化8年8月7日生まれ。京極高賢(たかかた)の次男。天保(てんぽう)4年讃岐(さぬき)(香川県)多度津(たどつ)藩主京極家5代となる。9年瀬戸内屈指の良港多度津湛甫(たんぽ)を完成し,藩財政をゆたかにした。慶応3年3月22日死去。57歳。幼名は辰之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

京極高琢 (きょうごくたかてる)

生年月日:1811年8月7日
江戸時代末期の大名
1867年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

京極高琢の関連キーワード生年月日京極高典

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android