コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都扶持衆 きょうとふちしゅう

1件 の用語解説(京都扶持衆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうとふちしゅう【京都扶持衆】

上杉禅秀の乱以後,関東・奥羽の親幕府,反鎌倉府的な国人層をいう。1416年(応永23)より翌年1月まで続いた禅秀の乱は幕府の支援をえた鎌倉公方持氏が鎌倉を奪回することによって終息したが,その後持氏は禅秀与党の討伐を始めた。この過程で必ずしも禅秀に加担しなかった親幕府,反鎌倉府的な東国諸氏をも攻め,東国における幕府勢力を一掃しようとした。このため政治的矛盾が激化し,幕府は親幕府的な国人層を支援し,組織化しはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

京都扶持衆の関連キーワード上杉禅秀清浄光寺足利持仲上杉快尊上杉禅秀妻上杉憲秋上杉教朝上杉持房宇都宮持綱山入与義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone