コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都扶持衆 きょうとふちしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

きょうとふちしゅう【京都扶持衆】

上杉禅秀の乱以後,関東・奥羽の親幕府,反鎌倉府的な国人層をいう。1416年(応永23)より翌年1月まで続いた禅秀の乱は幕府の支援をえた鎌倉公方持氏が鎌倉を奪回することによって終息したが,その後持氏は禅秀与党の討伐を始めた。この過程で必ずしも禅秀に加担しなかった親幕府,反鎌倉府的な東国諸氏をも攻め,東国における幕府勢力を一掃しようとした。このため政治的矛盾が激化し,幕府は親幕府的な国人層を支援し,組織化しはじめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

京都扶持衆の関連キーワード小野寺義道宇都宮持綱大掾満幹室町時代小野寺氏大宝寺氏上杉禅秀

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android