京野菜(読み)キョウヤサイ

百科事典マイペディアの解説

京野菜【きょうやさい】

京都特産の野菜。海から離れた京都では,古くから野菜の栽培に力が注がれ,京都の風土に根ざした優れた野菜が生み出されてきた。京都府では1987年に,これらの中から34種の野菜を〈京の伝統野菜〉に選定し,その保存を図っている。これらの野菜は明治以前に導入され,京都府内で栽培されているもので,タケノコは含まれるがキノコやシダ類は除かれる。主なものには聖護院ダイコン,聖護院カブ,水菜,壬生菜(みぶな),賀茂ナス,鹿ヶ谷カボチャ,伏見トウガラシ,エビイモ,堀川ゴボウ,九条ネギ,クワイ,京タケノコなどがある。また現存しないもの3種も伝統野菜に選定し,さらに万願寺トウガラシや花菜など3種を伝統野菜に準じる野菜としている。このほか,伝統野菜の定義からははずれるものの,金時ニンジンや丹波黒大豆の枝豆である紫ずきんなども京野菜として知られている。大量生産には向かないが,通常の野菜に比べて食物繊維やビタミン,ミネラルなどが豊富なものが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょうやさい【京野菜】

京都の伝統料理に使われる野菜。聖護院かぶ・堀川ごぼう・賀茂なすなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京野菜の関連情報