コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖護院かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

聖護院かぶ

京都府で生産されるカブ。大型で、1.5kgから大きなものでは5kgにもなる。もとは京都市左京区の聖護院地区が栽培の中心だったが、現在は主に亀岡市で栽培されている。特産品の千枚漬けに加工される。代表的な京野菜のひとつで、京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

聖護院かぶ[根菜・土物類]
しょうごいんかぶ

近畿地方、京都府の地域ブランド。
主に京都市左京区で生産されている。江戸時代、現在の聖護院の農家が、大津市堅田の近江かぶの種子を持ち帰って栽培したことに始まる。改良されて現在の聖護院かぶになった。日本のかぶのなかでは最大で、肉質はきめ細やか。京の名産品である千枚漬の材料として有名。京の伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

聖護院かぶの関連キーワード京都名産千枚漬京都府亀岡市東寺かぶ近畿地方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖護院かぶの関連情報