コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生菜 ミブナ

デジタル大辞泉プラスの解説

壬生菜

京都府京都市で生産される葉物野菜。漬け菜の一種で同じ京都原産の「水菜」に似るが、葉は切れ込みがなく丸いスプーン状の形状となる。葉はやわらかで、漬物、煮物料理などに用いられる。水菜の変異種からの自然交雑で生まれた種と考えられており、1800年代初頭にはすでに栽培の記録がある。名称は発祥地の地名(中京区壬生)に由来。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

みぶな【壬生菜】

アブラナ科の越年草。京都市壬生で古くから栽培。ミズナに似るが、大きな株となり、葉に切り込みがない。香りと辛みがあり、漬物にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

壬生菜 (ミブナ)

植物。アブラナ科の一~二年草,園芸植物。キョウナの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

壬生菜[葉茎菜類]
みぶな

近畿地方、京都府の地域ブランド。
江戸時代の1800年代に、京菜(みず菜)の自然交雑でできた変種。京都市中京区壬生地区に多く栽培されたことから、壬生菜と呼ばれるようになったといわれている。細長い葉形が特徴。昔から京漬物のなかでも千枚漬に添えられた。ビタミンCや食物繊維が豊富。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

壬生菜の関連キーワード和食の最新動向壬生(京都市)京都府南丹市京都府京都市大藤藤三郎水野由美子切り込みミズナ京野菜越年草鶯菜辛み

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

壬生菜の関連情報