コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生菜 ミブナ

3件 の用語解説(壬生菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みぶ‐な【×生菜】

キョウナの一品種。葉はへら形で縁に切れ込みがなく、香気と辛味があり、漬物にする。京都市壬生地方で古くから栽培。 春》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

壬生菜

京都府京都市で生産される葉物野菜。漬け菜の一種で同じ京都原産の「水菜」に似るが、葉は切れ込みがなく丸いスプーン状の形状となる。葉はやわらかで、漬物、煮物料理などに用いられる。水菜の変異種からの自然交雑で生まれた種と考えられており、1800年代初頭にはすでに栽培の記録がある。名称は発祥地の地名(中京区壬生)に由来。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みぶな【壬生菜】

アブラナ科の越年草。京都市壬生で古くから栽培。ミズナに似るが、大きな株となり、葉に切り込みがない。香りと辛みがあり、漬物にする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壬生菜の関連キーワード花菜荒久田茎立かぶれな信夫菜下北山まな仙台伝統雪菜仙台雪菜長岡菜水かけ菜宮崎菜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壬生菜の関連情報