コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工実体視 じんこうじったいしartificial stereoscopy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工実体視
じんこうじったいし
artificial stereoscopy

1組の実体図または実体写真を左右別々の眼で同時に見て,立体的に知覚する方法。実体鏡 (ステレオスコープ) などの器具を使う方法のほかに,肉眼で行う肉眼実体視がある。この際に両眼の視線は,遠方を眺めるときと同じように,平行に近く保ちながら,焦点を近くに合せる。若干の訓練が必要であるが,これをほとんどできない人も 100人中1人ぐらいいる。このほか,いくつもの写真をポジ乾板に焼付け合成し,それに偏光光線またはレーザー光線を透過させて眺めると立体的に浮き上がって見えることに基づくホログラフィもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android