コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工象牙 じんこうぞうげ artificial ivory

1件 の用語解説(人工象牙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工象牙
じんこうぞうげ
artificial ivory

象牙は象の歯牙質が発達したもので,その用途は鑑賞用,三味線のばち,琴の爪,ピアノの鍵盤,印鑑,麻雀牌など多岐にわたっている。しかし,ワシントン条約による野生動物保護の観点から象牙の輸入が全面禁止となり,その代替物として人工象牙が開発されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工象牙の関連キーワード仮果象牙質銀杏羽歯冠歯根種皮楯鱗う(齲)歯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人工象牙の関連情報