コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工象牙 じんこうぞうげartificial ivory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工象牙
じんこうぞうげ
artificial ivory

象牙は象の歯牙質が発達したもので,その用途は鑑賞用,三味線ばち,琴の爪,ピアノ鍵盤印鑑,麻雀牌など多岐にわたっている。しかし,ワシントン条約による野生動物保護の観点から象牙の輸入が全面禁止となり,その代替物として人工象牙が開発されている。たとえば,ピアノの鍵盤にはアクリル系樹脂や酢酸セルロースシリカ複合材料が用いられており,その他,目的や用途に応じてさまざまな高分子の複合材料が用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android