人形樽(読み)にんぎょうだる

精選版 日本国語大辞典「人形樽」の解説

にんぎょう‐だる ニンギャウ‥【人形樽】

〘名〙 野遊びなどに持って行く、長い柄のついた小さい樽。名は、包むと人形のような形になるところからとも、樽の柄に編笠をかぶせ衣装を着せて人形に見立て、酒宴の余興に舞わせたところからともいう。もと河内国(大阪府)で天野酒を入れたもので、天野樽とも。えだる。つのだる。
※俳諧・沙金袋(1657)春「影うつせ人形樽の鏡餠〈康重〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android