コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人為分類 ジンイブンルイ

2件 の用語解説(人為分類の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんい‐ぶんるい〔ジンヰ‐〕【人為分類】

進化の歴史や類縁関係を体系化するだけでなく、それ以外の目的で行う生物の分類。人間とのつながりや区別しやすい特徴などに基づいて行う。→自然分類

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の人為分類の言及

【分類学】より

… 生物についての知識が不十分な間は,生物を認識しやすい形質を指標として分類が行われる。容易に判別でき,定義しやすい形質を手がかりにして分類する方法を人為分類という。これは切手の分類などに通じるやり方で,生物学のための補助手段となることはあっても,生物学ではない。…

※「人為分類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone