コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然分類 しぜんぶんるいnatural classification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然分類
しぜんぶんるい
natural classification

人為分類に対応する生物分類法。生物の特徴全体をとらえて分類しようとするもので,理想的には生物の類縁関係を示す系統分類と一致するはずのものである。化石は体の一部しか産出しないものがあること,生きた状態が不明のことのため,とりわけ自然分類が困難である。現存種についても自然分類は一つの理想ではあるが,近代的分類の出発点とされる C.リンネのそれが人為分類的であることからもわかるとおり,困難が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐ぶんるい【自然分類】

生物を系統に基づく類縁関係によって分類すること。系統分類。→人為分類

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぜんぶんるい【自然分類】

生物を自然界における類縁関係に従って分類すること。各生物の進化の過程を考えて系統的に分類することを目標とする。 ↔ 人為分類

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の自然分類の言及

【分類学】より

…これは切手の分類などに通じるやり方で,生物学のための補助手段となることはあっても,生物学ではない。生物学の一分野としての分類学は,生物の進化の過程にしたがって生物を体系化するものであり,生物の類縁の遠近に合わせて行う分類を自然分類という。これを,生物の系統分化に応じた分類であるという観点から,系統分類ということもある。…

※「自然分類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自然分類の関連キーワードミッシング・リンクミルヌ=エドワールドクチャーエフアリストテレス栽培植物の起源ジュッシュード・カンドルジュシューアダンソン不完全菌類動物系統学双子葉植物ドカンドル絶滅生物早田文蔵陸生動物キュビエ本草綱目分裂植物植物学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android