コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然分類 しぜんぶんるいnatural classification

3件 の用語解説(自然分類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然分類
しぜんぶんるい
natural classification

人為分類に対応する生物分類法。生物の特徴全体をとらえて分類しようとするもので,理想的には生物の類縁関係を示す系統分類と一致するはずのものである。化石種は体の一部しか産出しないものがあること,生きた状態が不明のことのため,とりわけ自然分類が困難である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんぶんるい【自然分類】

生物を自然界における類縁関係に従って分類すること。各生物の進化の過程を考えて系統的に分類することを目標とする。 ↔ 人為分類

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の自然分類の言及

【分類学】より

…これは切手の分類などに通じるやり方で,生物学のための補助手段となることはあっても,生物学ではない。生物学の一分野としての分類学は,生物の進化の過程にしたがって生物を体系化するものであり,生物の類縁の遠近に合わせて行う分類を自然分類という。これを,生物の系統分化に応じた分類であるという観点から,系統分類ということもある。…

※「自然分類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然分類の関連情報