コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見弥右衛門 ひとみ やえもん

1件 の用語解説(人見弥右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見弥右衛門 ひとみ-やえもん

1729-1797 江戸時代中期の武士。
享保(きょうほう)14年10月24日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士の叔父人見貞安の養子となり,藩主徳川宗睦(むねちか)の長男治休(はるよし)の侍講をつとめる。治休の死後は用人となり,治水工事などをおこなう。のち勘定奉行をかね,農政改革をすすめた。寛政9年2月2日死去。69歳。江戸出身。名は黍。字(あざな)は叔魚。号は璣邑(きゆう)。
【格言など】寛ならざれば和はならず,和と思うても同に陥るなり(「人見弥右衛門上書」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

人見弥右衛門の関連キーワードバーク板谷桂舟谷真潮バーク板谷慶舟天狗芸術論蔀関月小松基地騒音公害訴訟青森大の中国人による偽装留学問題エカチェリーナ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone