人見蕉雨斎(読み)ひとみ しょううさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見蕉雨斎 ひとみ-しょううさい

1761-1804 江戸時代後期の国学者。
宝暦11年10月3日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。ふるい記録の散逸をうれえ,その収集につとめた。「黒甜瑣語(こくてんさご)」「蕉雨斎吟稿」などをあらわした。文化元年5月死去。44歳。名は藤寧。字(あざな)は子安。通称は常治,但見。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android