コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見蕉雨斎 ひとみ しょううさい

1件 の用語解説(人見蕉雨斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見蕉雨斎 ひとみ-しょううさい

1761-1804 江戸時代後期の国学者。
宝暦11年10月3日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。ふるい記録の散逸をうれえ,その収集につとめた。「黒甜瑣語(こくてんさご)」「蕉雨斎吟稿」などをあらわした。文化元年5月死去。44歳。名は藤寧。字(あざな)は子安。通称は常治,但見。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

人見蕉雨斎の関連キーワード国学者加藤千年三鍼那須高堅原田数子福居芳麿堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone