コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間的自由の本質 にんげんてきじゆうのほんしつPhilosophische Untersuchungen über das Wesen der menschlichen Freiheit

世界大百科事典 第2版の解説

にんげんてきじゆうのほんしつ【人間的自由の本質 Philosophische Untersuchungen über das Wesen der menschlichen Freiheit】

シェリング歳のとき(1809)の,同一哲学から積極哲学への移行期に書かれた著作。正式の標題は《人間的自由の本質およびそれと関連する諸対象に関する哲学的諸探求》。善なる創造主・神のもとで,悪の可能性を含む人間の自由がいかにして可能かという,弁神論の問題を論じている。スピノザ汎神論を有機体論的な自然観で乗り超えるとともに,神の人格性を復活させる神秘主義的傾向を示している。神は自分の実存の根拠を自己の内に持つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の人間的自由の本質の言及

【シェリング】より

…〈自我がすべてである〉というフィヒテ主義に代わって〈すべてが自我である〉と主張される。晩年のシェリングは,ベーメの影響を受けて,神秘主義者のバーダーと知り合い,創造説と汎神論と人間の自由という3者の鼎立(ていりつ)可能性を説いて,神の実存と,神の実存の根底〈神の内なる自然〉とを区別し,神秘的な創造説と歴史哲学を展開,《人間的自由の本質》(1809),《世代論》(1811‐14)を著す。彼は,つねに自我と有機的な自然との相互浸透を基盤にして,自由と自然との一致を追求したが,独断論と神秘主義の傾向はおおいがたい。…

※「人間的自由の本質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

人間的自由の本質の関連キーワードシェリング(Friedrich Wilhelm Joseph Schelling)ハイデッガー(年譜)

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android