コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積極哲学 せっきょくてつがく positive Philosophie

2件 の用語解説(積極哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積極哲学
せっきょくてつがく
positive Philosophie

シェリングの晩年の思想をさす言葉。彼は本質と実存,可能性と現実性を区別し,彼のそれまでの哲学をも含めて従来の合理的哲学は物の本質と可能性しか問題にしなかったとした。しかしそこではまだ物の実存が与えられていないために消極哲学にとどまっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

積極哲学
せっきょくてつがく
positive Philosophieドイツ語

後期シェリングの哲学的立場をさし、消極哲学に対置される。ものの実存の積極的条件は理性を超越した「無底」としての神の意志である。有限的事物は神からの転落であり、歴史・神話と宗教は神的原理の発展であるとする。[藤澤賢一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積極哲学の関連キーワード黄老の学絶対知思想戦ドライシェリーレフェリングシェリッシェシェリーの日シェリングブリッジ仁斎学シェリング・プラウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone