コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積極哲学 せっきょくてつがくpositive Philosophie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積極哲学
せっきょくてつがく
positive Philosophie

シェリングの晩年の思想をさす言葉。彼は本質と実存,可能性と現実性を区別し,彼のそれまでの哲学をも含めて従来の合理的哲学は物の本質と可能性しか問題にしなかったとした。しかしそこではまだ物の実存が与えられていないために消極哲学にとどまっている。シェリングはこれに,なにゆえに物が現実に存在するかを問う積極哲学が加わらなければならないとする。彼はこれを自然宗教としての異教に関する神話の哲学とキリスト教に関する啓示の哲学として展開する。彼のこの思想は実存哲学との関係において近年注目を浴びている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

積極哲学
せっきょくてつがく
positive Philosophieドイツ語

後期シェリングの哲学的立場をさし、消極哲学に対置される。ものの実存の積極的条件は理性を超越した「無底」としての神の意志である。有限的事物は神からの転落であり、歴史・神話と宗教は神的原理の発展であるとする。[藤澤賢一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

積極哲学の関連キーワードシェリング(Friedrich Wilhelm Joseph Schelling)人間的自由の本質ドイティンガードイツ哲学ハルトマン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android