同一哲学(読み)ドウイツテツガク

大辞林 第三版の解説

どういつてつがく【同一哲学】

精神と物質、主観と客観を二つの独立した実体とみずに、絶対的同一者の現れと考える学説。スピノザ・シェリングらに代表される。同一説。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同一哲学
どういつてつがく
Identittsphilosophieドイツ語

初期シェリングの立場をいう。真に存在するもの(絶対者)は精神と自然、主観と客観との無差別としての理性である。二要素が同一性を保ちながら量的に異なっていくのに応じてさまざまな個物が絶対者の否定として現象する。[藤澤賢一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

どういつ‐てつがく【同一哲学】

〘名〙 (Identitätsphilosophie訳語) 哲学で、物質と精神、主観と客観は根底においては同一のものであり、一つの絶対的実体が現象として違ったあらわれ方をするにすぎないと主張する学説。スピノザ、シェリング、ブントなどの説。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の同一哲学の言及

【シェリング】より

…《超越論的観念論の体系》(1801)は,観念と実在,実践と理論の総合を,人間精神の歩みが芸術に達する地点で果たそうとする。イェーナ期の後半では,《わが哲学体系の叙述》(1801),《ブルーノ》(1802)等で,主客の根源的同一性を原理とする〈同一哲学Identitätsphilosophie〉を打ち出し,ヘーゲルに強い影響を与える。〈自我がすべてである〉というフィヒテ主義に代わって〈すべてが自我である〉と主張される。…

【同一性】より

…また,トマス・アクイナスをはじめとする中世のスコラ哲学の思考においては,超越者たる神の同一性は,神ならざる被造物の同一性とは質的に区別されたものであり,後者を出発点とした類比的な〈アナロギア〉の道にしたがう思考によって達せられるべきものである,というように考えられている。 また絶対者を主観と客観のトータルな無差別と見るシェリングの同一哲学や,同一律を絶対的真理とし,宇宙の根本原理としての〈自我〉に関係させるフィヒテの哲学を批判し,根源の同一性は〈同一性と非同一性の同一性〉でなければならぬと論じたヘーゲルの考えも,前述の二つの位相をそれぞれに生かしながら媒介結合する論理を求めるところから発想されたものにほかならない。ヘーゲルにおける〈弁証法〉もまた,プラトンのそれと同じく,絶対者とわれわれの住む世界を媒介する論理を求めるところにすくなくともその成立の動機の一つをもっていることに留意すべきであろう。…

※「同一哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android