コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人食いバクテリア ひとくいばくてりあthe flesh-eating bacteria

知恵蔵miniの解説

人食いバクテリア

「溶血性レンサ球菌」あるいは「ビブリオ・ブルニフィカス菌」の俗称。「レンサ球菌」は喉や皮膚に常在するごくありふれた病原菌であり、「ビブリオ・ブルニフィカス菌」は海水中の魚介類などに広く分布しているが、肝炎や糖尿病などの罹患者、免疫力の低下した人などが感染すると、「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」を引き起こすことがある。罹患すると、わずか数時間から1日ほどで足などの筋肉が急速に腫れ壊死していく。その激しい壊死の様子が「人を食べていく」ように思われるため、この名称がつけられた。進行した場合の死亡率は高く、初期症状が現れた時点で治療することが重要。日本では、本疾患の患者数が2010年は123人だったが、11年には198人と約1.6倍に増えたことが国立感染症研究所のまとめでわかり、12年はさらに増加傾向を示している。

(2012-09-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人食いバクテリアの関連情報