コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人食いバクテリア ひとくいばくてりあ the flesh-eating bacteria

4件 の用語解説(人食いバクテリアの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

人食いバクテリア

溶血性レンサ球菌」あるいは「ビブリオ・ブルニフィカス菌」の俗称。「レンサ球菌」は喉や皮膚に常在するごくありふれた病原菌であり、「ビブリオ・ブルニフィカス菌」は海水中の魚介類などに広く分布しているが、肝炎や糖尿病などの罹患者、免疫力の低下した人などが感染すると、「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」を引き起こすことがある。罹患すると、わずか数時間から1日ほどで足などの筋肉が急速に腫れ壊死していく。その激しい壊死の様子が「人を食べていく」ように思われるため、この名称がつけられた。進行した場合の死亡率は高く、初期症状が現れた時点で治療することが重要。日本では、本疾患の患者数が2010年は123人だったが、11年には198人と約1.6倍に増えたことが国立感染症研究所のまとめでわかり、12年はさらに増加傾向を示している。

(2012-09-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひとくい‐バクテリア〔ひとくひ‐〕【人食いバクテリア】

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の原因となる細菌群の通称。発症後、急速に手足の筋肉や皮膚などを壊死させ、多臓器不全から死に至る場合もあることから。また、劇症型溶血性レンサ球菌感染症のこと。→溶血性連鎖球菌

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人食いバクテリア【ひとくいバクテリア】

劇症溶連菌感染症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ひとくいバクテリア【人食いバクテリア】

劇症型 A 群溶血性連鎖球菌の俗称。手足の皮膚や筋肉を短時間で壊死えしさせることからよばれる。 → 劇症型溶血性連鎖球菌感染症

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人食いバクテリアの関連キーワードビブリオ劇症型溶血性連鎖球菌感染症ビブリオグラフィー溶血性連鎖球菌溶血性連鎖球菌感染症溶血素肺炎連鎖球菌ビブリオテークナグビブリオビブリオ・フルビアリス食中毒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人食いバクテリアの関連情報