コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁助法親王 にんじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁助法親王 にんじょほうしんのう

1214-1262 鎌倉時代,土御門(つちみかど)上皇の皇子。
建保(けんぽ)2年生まれ。仁治(にんじ)2年園城(おんじょう)寺で伝法灌頂(かんじょう)をうけ,翌年親王,園城寺長吏となる。建長元年四天王寺別当。弘長(こうちょう)2年8月11日死去。49歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仁助法親王の関連キーワード李璮の乱浄土真宗吉田経俊喫茶養生記ベレンゲラ喫茶養生記親鸞明極楚俊安東蓮聖安東蓮聖