仁木義尹(読み)にき よしただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁木義尹 にき-よしただ

?-? 南北朝時代の武将。
仁木頼章の子。仁木頼夏の養子。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)丹波・丹後の守護となり,翌年京都にせまった南朝軍をやぶる。応安元=正平23年幕府の命により伊予(いよ)で南朝方の河野通尭(みちたか)の軍とたたかい,敗退した。のち引付頭人(ひきつけとうにん)となる。通称は三郎。名は「よしたか」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android