コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁田忠常の妻 にった・ただつねのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

仁田忠常の妻

没年:文治3.7.18(1187.8.23)
生年:生年不詳
平安後期の武家の女性。夫忠常は源頼朝家臣。姓は新田とも書く。日ごろ尊崇する三島神社に夫の病気平癒を願い,夫は回復するが,その数カ月後,乗り合わせた参宮途中の船が転覆し,ただひとり溺死する。人々は「神が貞女である妻の志に感じ(召し)た」と噂し合った,と『吾妻鏡』は伝えている。

(真下道子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

仁田忠常の妻の関連キーワード没年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android