コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井一志軒宗普 いまいいっしけんそうふ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今井一志軒宗普
いまいいっしけんそうふ

生没年不詳。江戸のいけ花創成期の作家。明和(めいわ)7年(1770)刊の『瓶花群載(へいかぐんさい)』のなかに、「松竹梅」の花図が収録されている。流派名に「古流」が初見されるところから、一般に古流の始祖とされているが、伝記の詳細は不明。ただ古流4代家元ととなえる関本理恩(りおん)が、『桜の雫(しずく)』のなかで、「京都より一志軒今井宗普といへる人東武に下り神田明神の地内に住し」と述べていることや、また昭和年代になって発見された今井一志軒宗普の『古流生花指南(こりゅういけばなしなん)』(1791)のなかでは、生花が自由で自然な表現形式であることを主張しているなど、その一端が明らかにされている。[北條明直]
『全国華道古流協会編『古流の古伝』上(1973・主婦の友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の今井一志軒宗普の言及

【古流】より

…江戸時代中期,明和年間(1764‐72)に成立をした生花(せいか)の流派。現在では明和6年《瓶花群載》に花形図の載せられている,今井一志軒宗普をその祖としている。宗普の花論については不詳だが,その弟子安藤涼宇は湯島天神下に住み,大名屋敷などに出入りして古流としての流派形成の基盤をつくり,江戸市中を中心として発展させた。…

※「今井一志軒宗普」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今井一志軒宗普の関連キーワード安藤凉宇

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android