コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関本理恩 せきもと りおん

1件 の用語解説(関本理恩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関本理恩 せきもと-りおん

1806-1878 江戸後期-明治時代の華道家。
文化3年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)の人。弘化(こうか)3年江戸に出,古流3代の関本理遊に師事。嘉永(かえい)元年養子となって古流4代をつぎ,流派の興隆をもたらした。のち加賀にうつった。明治11年10月16日死去。73歳。本姓は山田。名は以貫。通称は茂樹。号は松盛斎。著作に「生花松の志津玖(しづく)」「古流生花口訣抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の関本理恩の言及

【古流】より

…理遊は文化・文政年間(1804‐30)という江戸後期文化の華やかな時代に,未生流などの花形理念形成の刺激を受け,古流の花形の規矩を明確化し出版活動とあわせ古流の声名を高めた。4世関本理恩はこの涼宇の花形理念をさらに発展させてそれを理論づけ,未生流に対して古流生花としての天地人三才格の理論化を行った。明治時代には理恩の後,分派をする傾向を生じ,ことに金沢の古流会頭近藤理清が5世家元となって,古流の中心が関東と北陸に分かれて以来その傾向はいっそう強まった。…

※「関本理恩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関本理恩の関連キーワード八木奇峰青山勘四郎入谷澄士岩井晩香岸田素屋関直吉那須拙速服部鷯吉平尾儀七藤間勘兵衛(7代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone