コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井三子 いまい さんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井三子 いまい-さんし

1900-1976 昭和時代の植物病理学者。
明治33年2月20日生まれ。北海道第一師範教授をへて,昭和24年北海道学芸大教授,28年横浜国大教授。31年から木原生物学研究所研究員をかねた。専門は担子菌類の分類。昭和51年1月9日死去。75歳。群馬県出身。北海道帝大卒。著作に「農作物病害教科書」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今井三子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android