コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今出川公言 いまでがわ きんこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今出川公言 いまでがわ-きんこと

1738-1776 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
元文3年8月1日生まれ。今出川誠季(のぶすえ)の子。宝暦3年従三位。6年正三位,権(ごんの)中納言となる。竹内(たけのうち)式部にまなび,8年宝暦事件で処分をうけ官職をしりぞく。10年23歳で出家した。安永5年8月25日死去。39歳。法名は松皐。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今出川公言の関連キーワード正親町三条公積勘解由小路資望今出川実種

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android