コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今堀日吉神社文書 いまぼりひえじんじゃもんじょ

2件 の用語解説(今堀日吉神社文書の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

今堀日吉神社文書【いまぼりひえじんじゃもんじょ】

保内(ほない)商人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今堀日吉神社文書
いまぼりひよしじんじゃもんじょ

近江(おうみ)国延暦(えんりゃく)寺領得珍保(とくちんのほ)、今堀日吉神社に伝わる文書。1914年(大正3)から始まる『近江蒲生(がもう)郡志』の編纂(へんさん)過程で、編者の中川泉三が滋賀県蒲生郡中野村大字今堀(東近江市今堀町)の日吉神社から発見したものである。文書は整理分624点、未整理分323点、宮座八人衆保管文書5点の952点で、時代は鎌倉後期から昭和年代にわたる。内容は、今堀郷の属する荘園(しょうえん)得珍保の関係文書として、中世商業関係、農業関係、領主支配関係の文書、また郷村関係文書としては、村掟(むらおきて)、対他郷関係、神事関係、検地関係の文書に分類される。とくに中世商業関係文書は14世紀以降の商業座を知るうえで貴重で、村掟類も惣村(そうそん)生活の具体像を描くには必見の史料である。[仲村 研]
『仲村研編『今堀日吉神社文書集成』(1981・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone