今堀日吉神社文書(読み)いまぼりひよしじんじゃもんじょ

  • いまぼりひえじんじゃもんじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近江(おうみ)国延暦(えんりゃく)寺領得珍保(とくちんのほ)、今堀日吉神社に伝わる文書。1914年(大正3)から始まる『近江蒲生(がもう)郡志』の編纂(へんさん)過程で、編者の中川泉三が滋賀県蒲生郡中野村大字今堀(東近江市今堀町)の日吉神社から発見したものである。文書は整理分624点、未整理分323点、宮座八人衆保管文書5点の952点で、時代は鎌倉後期から昭和年代にわたる。内容は、今堀郷の属する荘園(しょうえん)得珍保の関係文書として、中世商業関係、農業関係、領主支配関係の文書、また郷村関係文書としては、村掟(むらおきて)、対他郷関係、神事関係、検地関係の文書に分類される。とくに中世商業関係文書は14世紀以降の商業座を知るうえで貴重で、村掟類も惣村(そうそん)生活の具体像を描くには必見の史料である。[仲村 研]
『仲村研編『今堀日吉神社文書集成』(1981・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android