コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保内 ほない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保内
ほない

愛媛県西部,八幡浜市北西部の旧町域。佐田岬半島基部にある。 1955年川之石町と喜須来村,宮内村,磯津村の3村が合体して町制。 2005年八幡浜市と合体。江戸時代宇和島藩に属し,中心集落の川之石は明治初期から海運,商業で発達。帆船時代の船主の大邸宅が残る。周辺部では柑橘類の栽培が行なわれ,1960年代にジュース,ハムなどの食品工場が進出。北部伊予灘と南部宇和海で漁業が行なわれる。平家の落人が逃れ住んだといわれる平家谷は伝説に富む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保内
ほない

愛媛県西部、西宇和郡にあった旧町名(内町(ちょう))。現在は八幡浜(やわたはま)市の北部を占める地域。佐田(さだ)岬半島の付け根に位置し、北部は伊予灘(なだ)、南部は宇和海に面している。旧保内町は、1955年(昭和30)川之石(かわのいし)町と喜須来(きすき)、宮内(みやうち)、磯津(いそつ)の3村が合併して成立。2005年(平成17)八幡浜市に合併。国道197号、378号が通じる。中世、近世の保内郷の地。近世は宇和島藩領で、伊予灘側に支藩の吉田藩の飛び地があった。中心集落の川之石は良港で、蝋(ろう)の原料であるハゼの集散地として栄え、海運業も盛んであった。明治以降も先進地として発展、銀行の立地も早く、製糸業や紡績業も進出した。現在も明治期の擬洋風の建物が残り、遊歩道が整備されている。第二次世界大戦後はミカン栽培に転じ、夏柑(なつかん)、伊予柑などの生産が主体となっている。幕末の蘭学(らんがく)者二宮(にのみや)敬作は磯浦で生まれた。[横山昭市]
『『保内町誌』(1973・保内町) ▽『保内町誌 改訂版』(1999・保内町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

保内の関連キーワード荒川(新潟県、旧町名)今堀日吉神社文書前田山 英五郎愛媛県八幡浜市八尾(旧町名)八幡浜(市)八幡浜[市]横江 嘉純あわしま堂大子(町)加茂[市]富山富士通吉見円忠二宮敬作浪岡其永近江商人保内商人織田信長剣は裁く松平頼隆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保内の関連情報